スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。

    当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。

    取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。

    市場情報を展示する大型モニター

    ATMでビットコインの購入と現金の引き出しが可能

    現在COIN JINJA(コイン神社)に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。

    コインポイン

    関連記事

    • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

      UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
    • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

      本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・
    • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

      世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー

    コメント