【元手ゼロで仮想通貨を稼ぐ】ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに換金しよう!

ポイントサイト研究室
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨に興味はあるけど、投資するのは恐い」

そう感じている方は少なくないのではないでしょうか?

それもそのはずです。

2017年に大盛り上がりした仮想通貨はその後の取引所ハッキング事件を経て、価格暴落。テレビや新聞も危険性を謳う報道をしてきました。

しかし事件の後は、国の規制が入り、仮想通貨取引所は証券会社並みのセキュリティ体制が最低限の運営条件になりました。 ハッキングリスクが全くないとは言えませんが、安全面はかなり向上したといえるでしょう。

ただし、、、

仮想通貨投資ハイリスクハイリターンであることは変わりありません。

まだまだ不安定な市場ですから、暴落の危険もありますし、逆に高騰する可能性もあるのです。

そこでですが、、、 投資じゃなくて、副業として仮想通貨をコツコツ稼ぐのはどうでしょうか?

一生懸命働いて得た給料で投資をするのではなく、コツコツ仮想通貨を稼ぐのであれば、リスクを取らずにハイリターンを期待することもできるのではないでしょうか。

当ブログでは、これまでにも仮想通貨で副業お小遣い稼ぎをする方法をご紹介していますが、今回はその中でもスキルや知識がなくても誰でもできるポイントサイトを使った仮想通貨の稼ぎ方をご紹介します。

ポイントサイトって何?どうやって稼ぐの?

ポイントサイトとはPCやスマートフォン、ネット環境さえあればできる、お小遣い稼ぎサイトです。

稼ぎ方は簡単で、私生活で利用するネットショッピングサイト等のネットサービスをポイントサイト経由で利用するだけで、ポイントを貰うことができます。

そして、そのポイントサイトは現金やiTunesカード、ビットコイン等に換金することができます。

隙間時間にリスクなく稼ぐことができるので、主婦のお小遣い稼ぎや、サラリーマンの副業として今ポイ活ポイントサイトでポイントを稼ぐ活動)が注目されているのです。

ポイントサイトで仮想通貨を稼ぐメリット

元手ゼロで仮想通貨を始められる

通常は、仮想通貨取引所で口座開設し日本円で仮想通貨を買う必要がありますが、ポイントサイトでコツコツ稼いだポイントを仮想通貨に換金できるので、元手ゼロ、つまりリスクなく仮想通貨を始められます。

市場状況や運用次第で大幅な利益を期待できる

仮想通貨はまだ不安定な市場ですので、価値が急落する可能性がある一方で、世の中に価値が認められれば大きく価格上昇することが期待できます。

仮想通貨に交換できるポイントサイト

現在では大手をはじめとした多くのポイントサイトでポイントを仮想通貨に交換することができます。

モッピー

※ビットフライヤー or コインチェックの口座が必要 ※換金下限:500円

ポイントタウン(pointtown)

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:500円

ちょびリッチ

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:500円

ポイントインカム

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:500円

ポイントを仮想通貨に換金できるポイント換金サイト

Gポイント

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:1000円

PeX

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:500円

RealPay

※ビットフライヤーの口座が必要 ※換金下限:500円

【Gポイント、PeX、PointExchange対応】ポイントサイト

ハピタス

げん玉(げんだま)

ECナビ

  • PONEY
  • アフィb
  • マクロミル
  • キューモニター
  • infoQ
  • ファンくる

どのポイントサイトを使えば良いのか迷った方は「ポイントサイトランキング」をご覧下さい。

仮想通貨取引所の口座開設に関して

これまでの章では、ポイントサイトを通してポイントを稼ぎ、最終的に仮想通貨に換金する方法をご紹介しました。

しかし、仮想通貨交換所の中には新規口座開設をストップしているところもあり、今すぐポイントを仮想通貨に換金できない場合もあります。

その場合は、その取引所が新規口座開設を再開するのを待つしかありません。

しかし、仮想通貨取引所がなくてもポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はあります。次回はその方法についてご紹介します。

もっと気軽に仮想通貨をはじめたい方へ

実際に稼ぐ前に、まずは試しに仮想通貨に触れてみたいという方は、仮想通貨の有名アプリコイン相場をダウンロードすることをおすすめします。

コイン相場ではクイズに答えて仮想通貨を貰える「エアドロップQ」や、仮想通貨のファン同しが投げ銭をし合う「みんなのエアドロ」など、ポイントサイトの仮想通貨版コインポインなど無料で仮想通貨をゲットできる機会を提供しているので、入門編としてまず仮想通貨が欲しい方におすすめのアプリです。

▼オープン記念で100円相当のビットコインをプレゼント!

まとめ

かつて、インターネットがそうであったように、仮想通貨の投機バブルは終焉を迎え、今はより社会を豊かにする為の技術として注目を集め、世界中の天才たちや大手企業、ベンチャー企業が粛々と開発をすすめています。

数年後には当たり前に使われる技術だと確信している起業家は多く、海外だとFacebookやtwitter、日本でもソフトバンクや楽天、メルカリ、LINEなどがこの分野への投資や事業展開をはじめています。

仮想通貨をこれから始めたい方は、大きなリスクをとって投資するのではなく、コツコツと稼ぐ方法としてポイントサイトを使ってみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

コインポインとは

コインポイン

関連記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい

コメント