• 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

    韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 「仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-」をコイン相場がリリース

    国内最大級の仮想通貨アプリ ・コイン相場が、「普段の日常生活での行動傾向」から投資タイプが診断できるツールをリリースしました。投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう![判定された投資精霊をツイッターのフォロワーに共有してみましょう!攻撃力・守備力・かしこさ・みかわし率の能力値も現れます!今年の8月末に、リリースしました「取引所診断」ツールは日常生活からの質問よりは、投資経験からの質問が多くありました。しかし、仮想通貨投資に参加している方々の年齢は20~40代が中心で投資
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと
  • 韓国の取引所CoinzestでXRPの価格が90円?・・高まるユーザーの不安感

    韓国仮想通貨メディアによると仮想通貨取引所「Coinzest」でXRP、BCHが他取引所より約3倍高い価格で取引されている。6日の16時30分の現在、CoinzestでXRPは980KRW(92円)でBCHは921,000KRW(86,629円)だ。一方で日本の仮想通貨取引所CoincheckではXRP(32円)、BCH(33万円)で取引されており、二つの取引所を比較すると約3倍の価格差が生じている。この価格差が生じた理由はCoinzestが先日の8月からKRW(ウォン)、BTC、ETHなどの入出金を中止しておりXRP、BCHなど入出金が可能な一部の仮想通貨が多く買われたのが原因だ。Coinz
  • ジュピタープロジェクト・・1億円の賠償を求め11人が提訴

    元国会議員の「松田学氏」がプロジェクトリーダーをしていると説明し、2018年4月21日からICOを行っていたジュピタープロジェクトが投資家11人から提訴されたことが分かった。テレ東や共同通信などの報道によると、ジュピタープロジェクトを運営していたGLIグループなどは3ヵ月で元本が1.5倍になるなどと高配当を謳い、およそ30億円を集めていたが最近、投資家11人から1億円の損害賠償を求められている。また、ジュピタープロジェクトに関わった複数の元社員が「集めた金額は別の返済に使っていた」とする陳述書を投資家側の代理人弁護士に提出している状況だ。ジュピタープロジェクト(JPI)は現在、「Gold Ar
  • TRONのジャスティン・サン「TRXは年末まで時価総額4位になる」・・CZがお叱り

    10月28日、時価総額10位のTRON(TRX)のCEOジャスティン氏がツイッターを通じ、大胆な発言をしたがBinanceのCEOの警告でツイートを削除した。ジャスティン氏はTRXが仮想通貨時価総額ランキング4位で今年を終えると述べ、CoinMarketCapの上位ランキングのスクリーンショットをアップロードしていた。しかし、そのツイートはBinanceのCEOであるCZ氏「Changpeng Zhao」の警告により削除された。CZ氏はジャスティン氏の発言に対し、「この発言は明確ではない価格予測だ。こういうのはやめろ」と強い警告をした。※でより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。