「コイン相場」開発週報 Vol.33 - チャットのスパム通報・ハイパーリンク・AIアラートの開発を進めております。

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

先週はサムスンと関連がある仮想通貨が大きく上昇し、仮想通貨市場全体を牽引する一週でした。

仮想通貨市場は現在ベアーマーケットではあるが、好材料があればまだ大きく上昇する可能性があることが再確認できました。

さて、先週と今週もユーザー様のために頑張って開発を進めております。詳しくは以下の内容からご確認ください。

開発中のもの

チャット

・スパム通報

チャット機能をリリースしてから、荒らし行為や煽り行為に対して否定的な方々が多くいらっしゃったと思います。

その対策としてコイン相場チームでモニタリングを行っておりますが、全部はカバーできないのでユーザー様から通報ができる機能を実装する予定です。

・ハイパーリンク

チャットの中でコイン相場アプリのdAppsみんなのエアドロップや外部のリンクがすぐアクセスできるようになります。

営利目的で広告宣伝をする方々がいらっしゃると思いますが、迷惑行為は事前にお知らせすることなく、BANされる可能性が高いためあらかじめご了承ください。

詳しくはコイン相場チャットガイドラインをご参考ください。

AIアラート

AI技術を利用し、相場の変動がある際や市場全体の動いているときお知らせできるような機能を開発しております。

従ってコイン相場アプリの速報タブでニュース以外にも市場の動きが分かるようになります。

コインポイン

関連記事

  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

    本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー

コメント